宮沢賢治学会イーハトーブセンター 商品の画像投稿について

宮沢賢治学会イーハトーブセンター。商品の画像投稿について。

どなたか税に詳しい方がいらっしゃいましたら回答お願いいたします!私は現在大学生22です。今年のアルバイトでの年収が103万を超えた場合、勤労学生控除既になってますだと私の税金控除は適応されることはわか

ったのですが、親の税金が増えることについて疑問があります。親の年収が195万~330万の場合は10万円ほど支払わなければならないようですが、親の年収が195万を下回る場合は納税額は変わらないということでしょうか?それとも少なからず発生するのでしょうか……?どなたか回答していただけると助かります……

宮沢賢治学会イーハトーブセンター。

これまでに公表されている資料で、賢治の血液型に関するものは、存在しないのではないかと思います。当時、学校や保健所などでは血液型検査は行われていませんから、もし検査をしていたとすれば、賢治がどこかの病院で治療を受けた際のことになります。カルテが残っていれば、調べればわかることですが、おそらく残っていないでしょう。

となると、永久に答えは出ないということになってしまいますが、結論から言えば、賢治は生前に血液型検査を受けたことは、一度もなかったのではないかと、私は思います。

まず、昭和初期には、現在のように差し迫った必要もないのに一般人が血液型を調べるという習慣はありませんでした。賢治が生前に受けた手術としては、1914年に岩手病院で鼻の手術をしていますが、この時期には輸血も血液型検査もまだ日本では行われていません。1930年頃であれば、輸血を要する大手術をする際には調べた可能性もありますが、賢治が岩手県内で結核の治療を受けているかぎりにおいては、血液型検査を行う理由はありません。「眼にて云ふ」に描かれている1932年?の、歯肉からの大出血の際にも、輸血は行われていませんし、従って血液型も調べていないはずです。

ご参考のために、血液型に関する簡単な年表を付けておきます。

1900年 オーストリアのランドシュタイナーが、ABO血液型を発見。 しかし当初は、まったく注目されなかった。1910頃 輸血事故と血液型が関係していることが認識されるようになり、 欧米ではしだいに血液型検査が行われるようになる。1919年 東大病院で、子宮筋腫の患者に対して日本初の輸血が行われた。1927年 心理学者古川竹二が「血液型による氣質の研究」を発表。 親戚や知人の血液型を調べた結果をもとにしていた。1930年 浜口雄幸首相が東京駅でピストルで狙撃され、駆けつけた塩田広重 東大教授が急いで血液型を調べ、輸血を行って一命を取り留めた。 これが世間に広く輸血の効用を知らせるきっかけとなったが、 当時は首相でさえふだん血液型を調べておくことはなかったのである。

商品の画像投稿について。

スマホで見る人がもし多い店舗様でしたら、スマホ表示画面を基準で考えて頂いて、今のまま正方形で仕方ないかな、と思っています。

とはいえ、確かに、一覧でも各商品の説明でも両方ぴったりきれいに表示してもらえるほうが見た目にも良いですよね!これは私もGoogleに伝えたい要望です。

この機能、「商品ベータ版」という名称ということは、改善過程にある機能だと思っていますので、今回の件、私もGoogleにフィードバックします。誰でもフィードバックは可能です

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.


You may use these HTMLtags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>