インスタやるなら絶対に知っておきたい著作権について徹底解説 知らない間にやっているかも

インスタやるなら絶対に知っておきたい「著作権」について徹底解説。知らない間にやっているかも。著作権違反でInstagramに無断転載された写真は通報で削除できました。

SNSに公開されている、鍵もついてない、人物の写真を転載したら犯罪なんですか?

何法の何にひっかかるの?

インスタやるなら絶対に知っておきたい「著作権」について徹底解説。

SNSの広がりとともに、「自分のアップした画像が勝手に使われていた!」といった著作権をめぐるトラブルも発生しています。

では、他人の画像や文章の転載は、どこまでがOKでどこからがNGなのでしょうか?きちんとしたルールを知っておかないと、あなたも知らない間に法律違反をしている可能性があります。

また、勝手に自分のアップした画像を転載されていたら、どう対処したらいいのでしょうか。

今回は、そんな知っているようで知らない「著作権」について詳しくご紹介していきます。

著作権とは、「人間の思想や感情を創造的に表現した文化的な創造物を保護」するもので、著作権法という法律によって守られています。文化的な創造物には、文芸、芸術、音楽などのジャンルが含まれており、インスタで投稿されている写真や文章、音楽なども対象となります。特に著作権を得るために手続きなどはなく、著作物を創造した時点で権利が発生し、原則として著作者の死後50年まで保護されます。

当たり前ですが、他人が撮った画像を自分のインスタに勝手に投稿した場合、著作権法違反となります。

では、例えば誰かがアップしたカラーの画像をモノクロに加工して、その上に文字を加えたらどうでしょうか?元の画像とはイメージも異なってみえ、一見オリジナリティがあるように見えますが、これももちろんNG!著作者には、著作物を自分の意に反して勝手に改変されない「同一性保持権」という権利があるため、他人が勝手に加工することはできません。

ただし、個人的に好きな画像をダウンロードしたり、スクショをとって個人のデバイスで保存したりしているだけでは著作権法違反とはなりません。それをネット上に限らず、何かしらの形で転載したり複製したりすると違反となります。ただ、一部例外もあり利用が許可されている場合などもありますので、詳しくは以下をご確認ください。

著作権を侵害した場合、訴訟や損害賠償に発展する可能性もあります。また著作者が刑事告訴を出せば、刑事罰もありえます。ただ、いきなり訴えられるわけではなく、その前に「あなたが著作権を侵害している」と伝えてきてくれるはずです。もし著作権侵害の事実が認められる場合には、著作者を表示したり、転載した画像を削除したりするなど、相手の要望に誠意を持って対応しましょう。

インスタで画像転載というと、いくつかのパターンが考えられ、それぞれ違法性も異なります。ではどのようなパターンがあるのでしょうか。

これは完全にアウト!インスタ以外のブログなどから転載するのもNGですし、投稿文章を変えたり、加工したりしていたとしても著作権侵害となります。また、画像に限らず、文章など創作物と認められるものは同様です。

インスタで他人の投稿を自分のアカウントでシェアすることを「リポスト」といいます。通常、リポスト専用のアプリを使ってリポストを行いますが、その場合、以下のようにリポストしたことがわかるマークが画像に表示されます。

これにより、転載ではなく引用の範囲と判断される可能性が高くなります。また、リポスト元の投稿のキャプションもそのまま入れたり、リポストしていいかどうか許可を取るとさらに安心です。

3つ目のパターンはインスタの埋め込み機能を使い、サイトやブログ上で投稿を表示するやり方です。以下は埋め込み機能を使って表示させています。こういった引用方法は、ブログやまとめサイトなどでもよく見かけますよね。

この場合も、引用の範囲と判断される可能性が高く、インスタの利用規約上も問題ないと考えられます。ただし、埋め込んだ元の投稿がもし著作権法に違反している場合は、著作権侵害の幇助とみなされるため注意が必要です。そのため、埋め込みの場合も、著作者に許可を取るのが最適といえます。

基本的には、自分の撮った画像しか載せない、他人の著作物を無断で利用しないというのが大原則です。少しでも不安な場合は利用しないのが無難です。ただし、SNSやサイト上で気に入った画像を個人的にスマホなどに保存するのは法律上問題はありません。それを不特定多数の人の目に触れる可能性がある場所で利用すると違反になってしまうため、どうしても他人の著作物を利用したい場合は、著作者に必ず許可を取り、決められたルールの中で利用するようにしましょう。

では、自分の著作権を守るためにできることはあるのでしょうか?対処法をご紹介します。?

サインやアカウント名など、自分の著作物であることを識別できるようなマークを投稿画像に入れます。そのマークのことをウォーターマークと呼びます。

今回はPhontoという文字入れアプリで、ウォーターマークを入れてみます。 ダウンロード:

実際に出来上がったものです。左下にウォーターマークが入っています。

無断転載をしてほしくない場合は、その旨をプロフィールに明記しましょう。法的な拘束力はありませんが、一定の抑止効果はあるでしょう。埋め込みによって引用されるのも嫌な場合、「埋め込み機能を使った引用もやめてください」などと明記し、許可を取ればOKということならば、「?日くらいで返信するのでDMかコメントでご相談ください」などと書くようにしましょう。

では実際に無断転載をされてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

無断転載をやめてほしいことを伝え、削除要請するか、もしくはタグ付けや引用元表記追加など、あなたが必要だと思うことをお願いしましょう。ただし、必ずしも対処してもらえるとは限らないのも現状です。

インスタに削除の要請をする方法もあります。要請が認められれば、相手の無断転載の投稿写真が表示されなくなります。では実際のやり方を解説します。

インスタグラマーとして活躍するにあたり、信用はとても重要です。ルールを知らないばかりに、無断転載をしてしまうことは、著作者に迷惑をかけるだけでなく、自分のファンからの信用も失ってしまう可能性もあり、その代償は小さくありません。

ただ、どこまでを独創性のある創造物と判断するかも専門家ではない限り正確に判断するのは難しいところでもあります。基本的には、他人のものを使いたい時は許可を取るようにすれば、大きなトラブルに発展する前に対処できる場合がほとんどでしょう。

逆に、無断転載をされてしまった場合は、まずは相手への連絡やインスタへの削除要請を地道に行うしかないのが現状ですが、よほど悪質でない限りは対応してもらえるはず。冷静に対処していきましょう!

知らない間にやっているかも。

今や国内アクティブユーザー数が4,000万を超えたTwitter。インパクトのある写真や、自作のイラスト、ためになるアイディアなど、日々たくさんのオリジナリティあふれるコンテンツが投稿され、まとめ記事などでもツイートが引用されているのを頻繁に見かけます。そこで気をつけたいのが、「無断転載」。誰かの投稿を、勝手に自分のSNSアカウントに投稿したりしていませんか?もしくは、自分のオリジナルのコンテンツがどこかで勝手に使われていたら、あなたはどうしますか?

今回は、そんな無断転載のルールと対応方法についてご紹介します。

無断転載とは、他人が作ったコンテンツを無断で別の場所で利用することです。各種SNSやブログ、Webサイトなども無断転載の対象になります。今回は、おもにTwitterでの無断転載についてご紹介します。

Twitterで無断転載というと、大きく2つのパターンがあります。

例えば、誰かが投稿していた写真をダウンロードしたりスクショをとって保存し、それを自分のTwitterアカウントで投稿することは完全にNGです。たとえ、投稿文章を変えていてもダメです。もし投稿した場合は、著作権法違反となり、場合によっては訴訟や損害賠償に発展する可能性もあります。

また、画像だけでなく、他人のツイート内容文章を自分のアカウントでつぶやく「パクツイ」行為も無断転載となります。ただし、「お腹すいた」といったような一般的な内容ならパクツイにはなりません。こういった一般的な内容には独自性がなく、個人の思想もないため創作物にはあたらず、著作権侵害とはならないと考えられます。

もう一つのパターンはTwitterの埋め込み機能を使い、サイトやブログ上でツイートを表示するやり方です。

以下は埋め込み機能を使って表示させています。こういった引用方法は、ブログやサイトなどでもよく見かけますよね。

では、このような埋め込み機能での引用は問題ないのでしょうか。結論は、問題ないと考えてよいでしょう。なぜなら埋め込み機能はTwitterが提供しているもので、埋め込み機能を使った引用はTwitterのルール上問題ないとされているためです。

※Twitterの規約https://twitter.com/tos?lang=ja#updateintlContent内に、「コンテンツの複製、修正?省略は、当社が提供するインターフェースおよび手順を使用しなければならない」とかいており、この埋め込み機能は、Twitterが提供するインターフェースと捉えられます。

ただし、ルール上は問題ないとされていても、自分の創作物が無断転載されることを好ましく思わない人もいます。例えば、プロフィールに「無断転載禁止」などとわざわざ書いている場合は、2の埋め込み機能を使った引用の仕方であっても、注意をされたり削除を要請されたりする可能性もあります。

無断転載禁止と書くこと自体に法的な拘束力はないので、そのまま使い続けることもできなくはないですが、言われたら削除する、もしくは許可を取って掲載した方が、トラブルを回避できるでしょう。

SNSやサイト上で気に入った画像を個人的にスマホなどに保存するのは法律上問題はありません。ただ、それを不特定多数の人の目に触れる可能性がある場所で利用すると複製権、公衆送信権などに違反することになります。

もしどうしても使用したければ、「イメージ画像としてサイトに載せていいですか」など、著作者に許可を取りましょう。またそのコンテンツを使う際は、誰が作ったものなのかがわかるようにしておきましょう。

無断添削を防ぐためには、画像やイラストなら、画像内に自分の著作物であることを示すマークやサインを入れることをオススメします。さらに、無断転載をしてほしくないという意思をプロフィールに明記しましょう。埋め込みによって引用されるのも嫌な場合、「埋め込み機能を使った引用もやめてください」などと記載し、許可を取ればOKということならば、「?日くらいで返信するのでDMかリプでご相談ください」などと書くようにしましょう。

もし無断転載された場合は、Twitterに著作権侵害を申し立てることで、該当のツイートや画像を削除してもらうことができます。

2.「著作権と連絡先情報」のフォームが出てくるので、自分で申請する場合は「私は著作権者です」を選び、氏名やメールアドレス、住所などの連絡先を記入します。会社名など該当するものがない場合は「なし」としておきましょう。

3.「著作権を侵害している素材のプラットフォームについて」という項目がでてくるので、「Twitter」なら「Twitter」を選択し、その著作物についての詳細やリンク任意を記入します。

4.著作権を侵害している素材について、Twitter上のどこで発生しているかを選びます。ツイート内の場合は、該当のURLを入力し、何がどう侵害されているのかを記入します。

5.ほかに報告することがない場合は「いいえ」を選び、申請にあたってのステートメントにチェックを入れてください。

6.表示されている英語の文章を指示通り、そのまま下の空欄に記入します。基本はコピペでOKです。最後に送信ボタンを押して完了です。

※ちなみに、英語の意味は、「この申請の情報が正確であること、また偽証した場合は、偽証罪によって罰せられるという条件のもと、著作権所有者に代わって行動する権限を有しています」といったことが書いてあります。

申請自体は簡単にできますが、Twitterが日本語での完全なサポートを提供していないため、Twitterからの回答が英語になる場合があります。

また、Twitterが著作権を侵害している相手に連絡をする際に、申請時に記入した自分の連絡先の情報も一緒に相手に通知されてしまうので注意しましょう。中には、名前はハンドルネームで住所は「日本」のみで申請して通ったという方もいらっしゃるので、すべて細かい情報を書ききららなくても申請は可能と考えられます。

Twitterを日々利用している人にとって、無断転載は身近なトラブルのひとつともいえます。バレないと思って気軽な気持ちで無断転載をしてしまったことが、後々大変なことになる可能性も否定できません。迷った時は、著作権者に許可をとるのはもちろん、なるべく自分が撮った画像やフリー素材を使うなどして、余計なトラブルを回避しましょう。

自作のイラストや写真を投稿している方は、埋め込み機能を使った転載であれば、そこまで神経質にならなくても大丈夫だと思いますが、気になる方はサインやマークを入れるなど工夫をするようにしましょう。マナーを守って気持ち良く使っていきたいですね!

著作権違反でInstagramに無断転載された写真は通報で削除できました。

本ブログの写真がインスタグラムに無断転載されました。写真の無断掲載は著作権違反です。写真が無断でクレジットまで消されてInstagramに掲載され、相手の投稿を通報で削除するに至った経緯と方法を実体験をもとにまとめています。著作権違反は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金がある重たい罪です。同じ被害にあわれた方の参考になるように、著作権違反の異議申し立てに関する情報を整理してまとめています。

Google検索でヒットする記事の中には、「インスタグラムに通報しても、相手に通知がいかないので削除されない。」っとの記載がありますが、それは間違いです。ちゃんとインスタグラムは「違法な無断転載」と判断できる内容については、相手への連絡と削除対応を行ってくれます。

もしも、写真が無断でインスタグラムに投稿されていて、相手の投稿の削除を行いたい場合は以下の内容をご確認いただき、お試しください。

まずはじめに、著作権とは?について少し記載しておきます。私は専門家では無く、過去の仕事上の経験を元に記載しているので、参考情報程度で読んでいただければと思います。

著作権とは、写真やテキストなどの文書、音楽や絵画、プログラムなどの著作物を作成した著作者に対して、法律によって与えられる権利のことです。

写真であれば、写真を撮影した人自身にその撮影した写真を利用できる権利があり、第三者が勝手に無断で写真を利用すると、著作権違反となります。

例えば、このようなケースの場合も著作権違反です。

私自身が、あるお店に頼まれて、お店の商品やお店の外観などを撮影したとします。

お店側からすると、お店や商品自体は、お店のものなのだから写真は、撮影した本人の許諾無しに利用しても問題が無いと考えがちなので、インターネット上などで、その写真を店舗紹介用として勝手に利用される事がよくあります。

でも、そのお店の商品や外観を撮影したのは、私自身です。著作権は、撮影した人自身が所有するもので、お店側が勝手に写真を利用したとしたら、厳密には、それは著作権違反に該当します。

つまり、著作権とは、写真なりテキストなり、音楽なり絵なり、それを作り出した本人が所有するものになります。

あまり知り合い同士の間で、著作権に関する問題が大げさになる事は無いと思いますが、後々相手との間で、著作権に関する問題が大きくなるのを避けたいのであれば、使用許諾契約書のような書面を作成して、相手から受け渡しを行う著作物写真などの権利を明確にしておく必要があります。

上記は簡単に記載した内容で、もっと厳密には使用許諾の中には、著作権自体を相手に譲渡し、自らは放棄するといった条項や、使用許諾期間や使用許諾範囲などを細かく定めて、契約を取り交わすのが一般的です。

少し、著作権とは?という点にも触れておいた方がよいかと思ったので記載してみました。

このページを訪れてきた方は、「自らの写真が勝手に知らない人に利用されてしまった被害者:著作権侵害された方。」もしくは、「著作権違反で相手に通報されてしまった加害者:著作権侵害した方。」の2パターンのいずれかに、遭遇されている方だと思います。

私のインスタグラムは、ビジネスアカウントのため、プロフィール欄に「連絡する」ボタンが付いています。この「連絡する」ボタンから、外部の方が「クレジット写真右下に記載している私の写真を証明する記述が外されて、インスタグラムに写真をアップされていますよ!」っとご連絡いただけたのが無断転載が判明した経緯です。

ここからが本題。無断違法転用の連絡を受けて以下の方法が脳裏に浮かびあがりました。

この方法は、相手が無断転載されている事に罪の意識がある場合は少しは効果があると思いますが、罪の意識が無い人に対してはまったくもって無効です。

っというのも、私の写真を違法に無断転載しているインスタグラムのアカウントは、私以外の写真も無断転載しているのが丸わかりなアカウントだったためです。

しかもクレジットが見えなくなるように、意図的に画像編集ソフトでトリミングしていたのでありえない。

この方法は、拡散はされるかもしれませんが、拡散されても最終的に無段転載の削除につながるか断定できないのと、例え無断転載されているアカウントであってもTwitterで拡散させるという行為は、どうも気が引けたので試みませんでした。

本来あるべき姿はこの対応です。写真を堂々とインスタグラムに無断転載して投稿している人は、自身が悪いことをしているという意識が無い人、もしくは意識しているんだけど平然と対応している人がほとんどです。このような人に対して、直接本人に伝えたとしても削除はほとんど行わないと思います。

そんな時は、インスタグラムを運営している会社自体に通報して、会社側から無断転載している相手にコンタクトを行い削除させるのが一番有効な方法です。

以下の方法は、スマートフォンからも対応可能かもしれませんが、私はパソコンから対応を行ったのでパソコン操作時の内容について記載しています。

まずは普通にインスタグラムにアクセスを行います。パソコン版のインスタグラムは、画面最上部に「検索窓」がありますので、写真の無断転載を行っているアカウントを検索してアクセスします。

相手のインスタグラムのアカウントにアクセスしたら、以下赤枠の「???」部分をクリックします。

以下のウィンドウがポップアップで立ち上がりますので、「利用者を報告」をクリックします。

以下の画面が立ち上がりますので、「知的所有権」のリンクをクリックします。

知的所有権の画面が開きますので、今回の場合は無断で写真がインスタグラム上にアップされていることから、著作権侵害に該当するため、「詳しくは、著作権侵害の報告をご覧ください。」のリンクをクリックします。

すると以下のように著作権に関する一般的な考え方や、インスタグラムの方針が記載されている画面が立ち上がります。明らかに写真をインスタグラム上で無断転載されている場合は、赤枠で囲った「著作権侵害の申し立てを行うには、こちらのフォームに記入してください。」のリンク箇所をクリックします。

すると「著作権報告フォーム」画面が起動します。

報告するコンテンツ欄については、著作権違反されている相手のインスタグラムの情報を入力する欄になります。報告するコンテンツのタイプのリストボックスを開くと以下の項目が出てきます。

無断転載を行っている相手のインスタグラム投稿のURLを入力します。パソコンからですと、以下のように個別の投稿に対して固有のURLがあるので、著作権違に該当する投稿をブラウザで開いて、その際表示されるURLを入力します。

「I want to report additional links URLs or broadcast IDs」箇所は、不正に無断転載を行っている投稿のURLが4つ以上ある場合などにチェックを入れると、申告用の入力フォームが開くので、問題事項を更に追記することができます。

コンテンツの報告理由を以下から選択します。

自分の著作物に一番よく当てはまるのはどれですか?のリストボックスに以下の内容が含まれていますので、該当する項目を選択します。

そして一番重要なのが、「あなたの著作物が適法に掲載されている例を確認できる場所」の入力です。

例となるコンテンツがあるウェブサイト、Instagramアカウント、またはその他のウェブコンテンツへのリンクURLを入力することができます。著作コンテンツがオンラインではない場合、そのコンテンツの詳細を入力してください例: 緑の野原にある黄色の花の写真。

ここをシッカリと入力しないとインスタグラム側が著作権違反と認めてくれるのに、時間を要してしまいます。

私の場合は、元写真が掲載されている本ブログのURLと、該当ページの上から何番目の写真で、海に夕日が写っている写真というように具体的に記載しました。

そして最後に「同意する」のラジオボタンにチェックを入れると、「送信」ボタンが有効になりますので、電子著名欄に連絡先情報の氏名欄で入力した同じ名前を入力して「送信」ボタンをクリックしたら、インスタグラム側への通報は完了です。

著作権侵害の申告が完了すると、申告時に入力したメールアドレス宛てに以下のメールがインスタグラムから送信されてきます。

このメールで注目するのは以下の文章。

Note that we regularly provide your contact information, including your name and email address, the name of your organization or client who owns the right in question, and/or the contents of your report to the person who posted the content you are reporting. You may wish to provide a professional or business email address for contact by users.

ポイントだけ記載すると、問題がある相手とコンタクトを取った結果をインスタグラム側が報告してくれるという内容になっています。

そして、著作権侵害をされていたインスタグラムの削除完了後に、インスタグラム側から送信されてきたメールが以下になります。

シッカリ著作権侵害された相手の投稿削除が完了した旨、報告が送信されてきました。
ここで注目の文書は、以下の部分です。

If this content is reposted, please let us know by submitting a new claim:

もしコンテンツが再度掲載された場合は、再び私たちに連絡して!っという内容になります。

私の場合は、インスタグラム側から著作権違反を実施した相手に直接連絡が行き、相手が該当の投稿コンテンツを削除したため、特に私の方は、これ以上、著作権違反を行った相手に対して何か行動を起こすという事は行いませんでした。しかし、中には悪質な著作権違反者に対して、訴える側が絶対に許せないとなる場合もあると思います。そのような場合、著作権違反を通報された相手著作権違反を犯した人に起こる可能性がある事は、以下になるかと思います。

私自身、過去インターネット上で様々なビジネスを今まで行ってきて、警察からの令状により、加害者のインターネットアカウントSNSや通信記録、ネット上のアクセスログから身元を特定して、訴訟まで発展するといったことをサービスを提供する側の立場として、目の当たりにしてきたこともあります。

著作権違反は、違法な行為です。「ばれないだろう」、「少しぐらいよいだろう」っと些細な気持ちで行った事が、「知りませんでした」では済まされず、後々大きな問題へと発展する可能性があります。

インスタグラム側からの通報がいくと、加害者側著作権違反者は、アカウントを非公開にしてしまう場合もあります。非公開アカウントでも以下の方法で不正利用を確認することができます。

画像の著作権違反が発覚した場合、すぐに対処したいという気持ちが働きますが、通告後相手のアカウントが非公開状態になる確率が高いので、慌てずしばらく間を置いてる間に、気が付かれないように別アカウントで、相手の懐に入り込んでおいてしまうというのが4点目の方法です。

著作権侵害されていることを私に報告してくれた方、そしてインスタグラム側の問題あるコンテンツの削除対応の速さに感謝です。

大変ありがとうございました。

もし私と同じ問題に遭遇されている方がいらっしゃった場合に役立つよう、著作権違反が無くなるよう、詳細にまとめてみました。

ソーシャルネットワークの著作権違反で多くの方々からお問い合わせをいただいているのですが、ソーシャルネットワーク関連でもう一つお問い合わせが多いのが、「フォローされたので、フォローを返したら、フォローを外される行為がとても気に入らないので、対処方法を教えて欲しい。個人ではなく、企業アカウントでも行われているフォロワー外しって何とかならないんですか?」というお問い合わせになります。

これは対処方法というよりも、そういう相手がいれば、真実を理解していない相手なので、相手にしなければよいというのが回答です。

とかくフォロワー数で、影響力があるアカウントを見られがちですが、フォロワー数が10人でも、10人の人たちが毎回投稿の度に共感をしてくれるアカウントの方が、よっぽど影響力があるアカウント、インフルエンサーだと思います。つまり大切なのは、フォロワー数では無く、エンゲージメント率です。

こちらも、お問い合わせの数がとても多いので、私自身の考えについて以下にまとめておきます。

インスタのストーリーズにアニメーションGifが追加できるようになったので、以下に追加方法を記載しておきました。

ちなみに、私の個人運営のインスタグラムはこちらです。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.


You may use these HTMLtags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>